腰痛や肩こりの特集でテレビでも話題になっている雲のやすらぎは、朝起きた時に「疲れが取れない」「腰や背中が痛い」という人のために開発されたマットレスです。

 

私も最近腰痛に悩まされるようになり、それまではぐっすり眠れていたのに、腰痛になってから夜中に目が覚めることが多くなりました。
朝起きると、腰に鈍い痛みが残っていて、すっきりと目覚めることもできませんでした。

 

それが、雲のやすらぎに変えてから、ぐっすり眠れるようになり、起きた時の腰の痛みも消えました。

 

ふつうの布団で寝る場合、寝ているときの姿勢が取りにくいので、重さのかかる腰にばかり負担がかかります。

 

雲のやすらぎは、寝ているときの姿勢をキープしてくれ、自然な寝返りが打てる布団です。
寝ている間は誰でも体のバランスを保つため無意識に寝返りを打っていますが、柔らかすぎる敷布団の場合、体重のかかる腰が沈み込み、それが負担になって腰痛を引き起こしてしまいます。

 

雲のやすらぎは、体を支える凹凸と、力を逃がす横向きの繊維でできており、寝返りの時にも布団がしっかり体を支えてくれて、腰だけに負担がかからないようになっています。
だから、腰痛持ちでもぐっすり眠ることができるのかな?
と思ってます。

 

ヘタッたマットレスは速やかに替えるべし!

 

私の体験ですが、ある朝起きた時、腰痛がひどくなっていたことがありました。
良く調べてみると、へたったマットレスに原因があることがわかりました。

 

腰は人間の体のなかで最も重い部位です。同じマットレスを長期間使っていると、その重さによって腰の部分だけがへたってしまいます。へたりの大きいマットレスに横になると腰が深く沈みますが、その姿勢で長時間寝ていると次第に腰椎が湾曲してしまい、腰痛を引き起こす原因となります。ですから、朝起きて腰痛が悪化していると感じることが増えてきたら、へたったマットレスが原因と疑ってみましょう。どんな高級なマットレスにも寿命はあり、数年使い続けると多かれ少なかれへたります。そうなったらマットレスを買い替える時期です。

 

マットレスを買い替える際、特に腰痛や肩こりがひどい方は、体圧分散に優れた高反発マットレスを選びましょう。寝心地が良いということで低反発マットレスが流行った時期もありましたが、低反発マットレスだと横になったときに体が沈みすぎてしまいます。特に重心のかかる腰だけが落ち込むので、腰痛の方の場合、症状が悪化する恐れがあります。寝返りも打ちにくく、寝ているだけで腰に負担がかかってしまいます。

 

高反発マットレスは寝返りの打ちやすいマットレスです。寝返りは、体のバランスを整えるために睡眠中に無意識に行う動きですから、腰痛の方は特に寝返りのしやすさを重視する必要があります。その点、高反発マットレスなら、体が沈みにくいので腰にばかり負担がかかることはありません。へたったマットレスを使っている方は、高反発マットレスに替えるだけで腰痛が改善する可能性が大です。